Allion  
トップページ ΛLLIONとは 製品案内 電源工事 販売代理店 会社概要 お問い合せ
縲\

電源工事について

電源工事の提案者であり、実績No.1の出水電器


より効果的で確実な電源工事施工のために、出水電器での施工につきましては必ず打ち合わせ及び施工に立ち会います。


オーディオ、シアターにとって最も重要な"電源"


良いアンプはシンプルな回路とそれを支える強力な電源を持っている、と昔から言われているようにオーディオ、シアター機器にとって電源は最も
重要です。機器内部の電源でさえそうなのですから、コンセントから先の屋内配線が重要であることは当然過ぎるほど当然の事と言えます。
言い換えればオーディオ・シアター機器にとって最も重要な電源は、通常目に触れることのない、屋内配線に支配されていると言っても過言では
ありません。ところが一般住宅の配線工事は、放送局やスタジオと違い、オーディオやシアターの事は考えられていません。
その中でよりよい電源環境にしたいと言うのが出水電器の電源工事です。最新の工事例電源工事掲示板及び【工事費用の目安】(下記参照)もぜひ参考にして下さい。

究極の電源工事、マイ柱・マイトランスはさまざまな条件をクリアしなければ工事不可ですが、1戸建の場合、電力会社申請、専用分電盤、専用回路
工事がお薦めです。電柱からの幹線張り替えを含む電源工事(36.8万円~ ・ 税別)の効果は想像を遙かに超える”大激変”です。
最近は新築での電源工事(分電盤を購入し、業者と電話で打ち合わせ)の依頼も多く寄せられております。
経験豊富な出水電器は、お客様のご期待以上の施工を提供できると自負しております。  

  • 電源工事
    概要
  • マイ柱上トランス
    設置例
  • 幹線張替
    工事例
  • 幹線分岐・専用回路
    工事例
  • 工事費用の
    目安
  • お客様の声

  • Q&A

はじめに


昨今いろんな電源工事の提案がされていますが様々な試行錯誤を経て選んだ工法と部材にはそれぞれに理由があり理屈が解ってやる工事
と、にわかに始めた工事は根本的に違います。(時々他社施工の改修依頼有り) また、高額の部材を使えば音や画が良くなるといった単純な
ものでもありません。

例えばCVケーブルの優位性、某有名メーカーの実験では電源ケーブルは太くて、硬いあるいはかなり柔らかい 方が振動に起因するノイズに
対して大変有利で、中途半端な硬さ、柔らかさの物が一番ダメだったそうです。
CVケーブルにつきましては他にも電圧降下や耐熱性に優れ、ポリエチレン絶縁材もビニール絶縁材より遙かに音が良いと言われています。
特に、電柱からの幹線張り替え等は電源工事の経験が無いとその必要性も効果も、どのような申請が効果的かさえも解らないのが実状です。

コストパフォーマンスとしては比するものは無い電源工事ですが、工事代金は決して安く有りません。 工事前によくよく検討され、それぞれの
工法や考え方、工事後の評価などを調べてから仮配線など確認後の施工をお薦め致します。

1戸建ての場合のお薦め工事。

       配線図

       上記図は電柱からの引き込み線、引き込み口配線を張り替え、メーター隣にMCBを設置し2次側で幹線を分岐して、
       専用分電盤、専用回路の施工概要をを示したものです。

       ※ 電柱からの幹線張り替えを含む工事の効果は想像を遙かに超えた激変です。


電源工事による電圧降下、電圧変動の改善

  一般家庭の回路負荷を800Wとして計算した引き込み口配線以降の電圧降下。
  (CVはSVより、耐許容電流、耐電圧降下を25パーセント増で計算)


  通常配線 (引込口配線CV8)

       CV8 /20M F2.0/10M F1.6/10M
       電圧降下 0.59+0.98+1.43=3(V)


  電柱からの引込線張り替えを含む専用回路(引込口配線CV22 MCB2次側CV14)

       CV22/20M CV14/10M CV8/10M【
       電圧降下 0.21+0.17+0.29=0.67(V)


  電圧降下の比率(3/0.67=4.48)

       以上から解るように電源工事後の電圧降下は4.5分の1。
       但し実際の電気使用状況及び柱上トランスまでの距離等を考慮した場合、電圧降下の差は約3V。
       さらに、電圧変動が比較にならないほど安定しているので信号に対する追随性は劇的に改善されます。
       ヒューズ1本でも音や画が変わるオーディオやシアターにとって、これは想像以上の変化をもたらします。


  CVの内部のツイストと電圧降下に対する優位性及び特注部品の相乗効果は、想像以上の【大激変】と評価されています。


電源工事前と工事後の電圧変動測定値


       電源工事によって電圧変動がどのように改善されるか音楽再生時の変動を測定。

           

                  工事前の電圧変動                           工事後の電圧変動

          電圧 99.75V~100.25V と0.5Vの変動があり            電圧は102.5Vに改善され電圧変動が非常に
          曲の静かな所だけ電圧降下がない。                 少なく、平均値の変動も 0V。


       

       壁コンセント使用では照明が暗くなるほどの音量でも上のように大きな変動もなく102.5V前後を維持しています。

       ※上のグラフでは無負荷時約104V、但し現場によって少し低い場合もあります。

以上のデータからも解るように、シアター及びオーディオの為の電源工事は電圧が大変安定し、負荷変動に対してもそれ程の電圧変動もなく、
映像と音の改善は目を見張る物がありますまた、この変化は機器の交換では決して得られません。

【本格的な電源工事】電源工事の提案者でもあり経験豊富な出水電器へご相談下さい。


施工例


各オーディオ誌で、オーディオ評論家小原由夫先生宅、田中伊佐資先生宅、村井裕哉先生宅などの工事が紹介されています。

               【最近の工事内容を、電源工事掲示板に写真付きで紹介していますのでご覧ください】
               http://www.allion.jp/cbbs2/cbbs.cgi  

参考までにインターネットで (有)出水電器の電源工事を紹介したHPを探してみましら、随分とありました。 下記はその代表的なものです。

惣野邸の電源工事
               http://www.shu-ks.com/zakki/0sounoteidengenkouji.html
               http://www.shu-ks.com/nikki/2005/nikki8-2.html

某録音スタジオでのアース工事及び分電盤改修工事(ALLION掲示板)
               http://www.allion.jp/cbbs2/cbbs.cgi?mode=one&namber=59&type=0&space=0&no=0

録音スタジオ ハイステーション
               http://home.j00.itscom.net/hi-st/village7.html

関東地方のオーディオファン この方のグループは全員本当に熱い人達です。
               http://members.jcom.home.ne.jp/tsuguji/oto04.html

関東地方のオーディオファン 04/09/04&11 に紹介記事があります。
               http://park6.wakwak.com/~lmst/diary_log/2004_9101112.html#top

中部地方の オーディオ・シアターファンのHP
               http://homepage3.nifty.com/multi-chanelier/newpage31.htm

綾戸智恵ファンクラブの公式サイト。 とても薀蓄のある、お勧めコラムです。
               http://www.pinpoint.ne.jp/manpokei/0403/040309manpokei.html
               http://www.pinpoint.ne.jp/manpokei/0403/040310manpokei.html
               http://www.pinpoint.ne.jp/manpokei/0403/040312manpokei.html
               http://www.pinpoint.ne.jp/manpokei/0403/040319manpokei.html
               http://www.pinpoint.ne.jp/manpokei/0403/040320manpokei.html
               http://www.pinpoint.ne.jp/manpokei/0403/040322manpokei.html
               http://www.pinpoint.ne.jp/manpokei/0403/040328manpokei.html
               http://www.pinpoint.ne.jp/manpokei/2005/03/09/

寺島邸電源工事を第三者の目で見た記事です。
寺島さんも、最近のステレオ誌(08年5月号P36 特集:電源に魅せられた男たち)では、電源に憂いなし、と仰っています。

               http://www.pinpoint.ne.jp/manpokei/2005/06/07/
               http://www.pinpoint.ne.jp/manpokei/2005/06/08/
               http://www.pinpoint.ne.jp/manpokei/2005/06/09/

効果絶大!マイ柱上トランス設置例









個人専用の柱上トランス設置


個人専用に高圧(6600V)から単三に切り替えて直接ユーザーへ送電するので、圧倒的に効率が良く、電圧変動、電圧降下も非常に少なく、
ご近所のノイズも入りにくい為、S/Nも飛躍的に向上。これは世にあまたある電源改善装置など全く比較になりません。

この音を聴いたら他の電源装置など確実に霞んでしまうでしょう。効果を考えれば費用もかなり割安で、それらと比べれば抜群の
コストパフォーマンスといえます。(但し、クリアーすべき条件も多くあります)

 

 

効果絶大!電柱からの引き込み幹線張替工事例



           
              
              
                
             
           








 

 

幹線分岐・専用回路工事例


          

専用分電盤&コンセント


                

                        

                        

            

         




実際の隠蔽配線 (マンションの場合)

 

            


              大梁の下を通して天井へ幹線を配線                      点検口内の様子(オレンジ色がCD管)



            


                 幹線の配線にCD管を使用                     オリジナル分電盤とネオダクトでの配線



          


             天井隠蔽配線の作業風景(中村氏 石川氏)

 ※ 作業は3名で約8時間。大梁の下を通す隠蔽配線が大変でした。




                    ( K氏ホームページより了解を頂き転載 )


               


                          マンション見取図と隠蔽配線ルート



          


                              実際の隠蔽配線ルート



   


                              隠蔽配線のための点検口(収納部内)



          


                                   配線工事の様子



                

                                天井内の隠蔽配線


      

                            メインブレーカーへの分岐幹線引き込み


   


                             ここまで配線は完全な隠蔽配線です。

 ※ 作業は2名で11時間。隠蔽、中でもメイン分電盤からの幹線分岐は大変困難でした。

 

※ 中村氏、石川氏は共に30年以上のベテランで、大変な現場も実に丁寧な仕事をしてくれます。

              在来工法で天井の懐が深ければ、ほぼ100%隠蔽配線が可能。



 
【天井裏に幹線を通す隙間が無い場合の工事例。最近は同じような建物が多いです】


          


      スッキリポールと引き込み線(SV14→SV38)                     メーターとMCB(75A)の配置
      ポール内部配線張り替え  (CV14→CV22)



    


      地中を通って基礎から床下内部へ配線



 


         幹線CV22(幹線は30M以上、ジョイント無し)                   壁内の部配線が不可能な為露出立上げ
                                                             (ネオダクトによる露出配線)



                  


                         幹線は専用分電盤を介して家庭用分電盤へ配線



                 


                             専用分電盤と家庭用分電盤



 


         オーディオルームの天井隠蔽配線(壁は通線不能)                   シアター専用回路の隠蔽配線



                 


                                  そうそうたる名機群



                 


                           名機パスラボとB&Wシグネチャー800


 ※ 作業は5名で約10時間。





市販分電盤改良と専用回路工事




         


             メイン分電盤と専用分電盤                         専用回路(CV8)3回路、床下配線



                


        専用回路を壁内部から取り出す。                        朗々と鳴るハイエンドシステム


 ※ 作業は2名で約11時間。床下から壁内部を通す配線が困難を極めました。

 



工事価格の目安

 

お客様のご予算の中で一番効果的な工事方法を提案するようにしておりますが、今までの工事のほぼ標準的な工事価格を表示します。
ただし工事内容や部材の指定など、ご要望により価格は変動します。


【分電盤の種類】

IZUMIDENKI EO-01 定価(税別) 280,000円 施工例
簡単に、しかも安価に専用電源工事が可能。 http://allion.jp/cbbs2/cbbs.cgi?mode=one&namber=2285&type=0&space=0&no=0
 
オリジナル分電盤(8回路)  定価(税別) 260,000円 戸建て住宅での施工例 (8回路タイプ 隠蔽配線)
特注20回路分電盤
特注20回路分電盤(特注は縦型、横型ともに、10,12,14,16、20、26回路等承ります)


【個別の工事金額

【屋外:幹線引き込み工事】 **電柱からの距離が遠ければ遠いほど大きな効果があります**    
電柱からの引き込み線張り替え等、電力会社申請を含む【幹線工事】 18~21万円
【屋内:分電盤及び専用回路工事】 **マンション等、集合住宅はこの方法のみ可能**  18万円~
専用分電盤及び専用回路工事   25万円~
【アース工事】**アースは音質に大きく影響します。
       (有)出水電器では可能な限り10Ω以下、可能なら更に低い数値を目指しています。**
アース工事(場所によってかなり変わります) 工事価格を 64,500円~
(1.5Mアース棒10本 )
  【出張費】       遠隔地の場合出張費が加算されます。



  【最近施工の平均工事金額】

     主分電盤からの専用回路又は幹線分岐、主分電盤改修工事(アース工事別途)   8万円~

     電力会社図面申請、電柱からの幹線張り替え、市販改良分電盤(4回路)、特製コンセント、電磁波対策コンセントカバー、
       主分電盤改修、アース工事等を含む工事の平均金額は 40万円前後

     電力会社図面申請、電柱からの幹線張り替え、専用分電盤(8回路)、特製コンセント、電磁波対策コンセント カバー、
       主分電盤改修、アース工事等を含む工事の平均金額は 70万円前後

工事価格は現場によって違いますが【上記が大まかな目安となります。

マンション等集合住宅や隠蔽配線の主分電盤と専用分電盤の階数が違う場合、上記金額より割高になります。

2×4建築は床下配線を基本としますが、外壁の露出配線になる場合があります。 

電源工事は経験がないと思うような結果が得られない場合が多く、他社施工の改修依頼が時々有ります


【作業時間の目安   

  • 電力会社申請を含む幹線工事と専用分電盤を使用した工事。 (作業者4人で 8~10時間)

  • 専用分電盤を使用した専用回路工事。               (作業者2人で 6~ 8時間)

  • 電力会社申請を含む幹線工事と専用回路工事          (作業者3人で 6~ 8時間)

  • 専用回路工事または幹線分岐工事                 (作業者2人で 3~ 5時間)

(作業が困難な場合、さらに時間がかかる事があります)

   




仮配線での効果確認について

    

百万言を費やしてCV8スケアの効果を説明しても、実際の試聴には及びません。僅かの費用で実際の音を確認する方法として仮配線が有り
ます。下記の方法を参考にして電気工事(仮配線)をしてみませんか?

     

効果にビックリされると思います。(仮設と撤去は電気工事店に依頼して下さい。)


CV8スケア  (M/400円くらい)
コンセント   (ナショナルWK1512K 577円 税別)

CV8スケア端末にFの2ミリを圧着しナショナルのコンセントWK1512Kに差し込む。
CV8スケアをブレーカーからアンプの近くまで仮設(床にそのまま転がす)で配線する。

※ ケーブルは後で隠蔽配線に使える長さで用意すると無駄になりません。
F2ミリを各2本圧着しコンセント2ヶ接続も出来ます。
材料別で仮設及び撤去の費用は1万円~1万5千円前後

特注コンセント付きケーブル

特注コンセント付きCV8スケ(10M) 21、000円(税別)  *電磁波対策コンセントカバーはプラス 7,140円

仮配線で効果を確認後、専用回路の本配線に使用できます。


ケーブルの名称と許容電流

左からケーブルの名称と許容電流(右端は100円硬貨)

  • F1.6  照明、壁コンセント等に使用  許容電流  18アンペア(2心  空中、暗きょ布設)

  • F2.0  専用コンセント等に使用     許容電流  23アンペア(2心  空中、暗きょ布設)

  • CV8   幹線、動力等で使用       許容電流  54アンペア(3心  空中、暗きょ布設)

  • CV14  幹線、動力等で使用       許容電流  76アンペア(3心  空中、暗きょ布設)

  • CV22  幹線、動力等で使用       許容電流 100アンペア(3心  空中、暗きょ布設)

  • SV38  幹線、動力等で使用       許容電流  93アンペア(3心  空中、暗きょ布設)

プロの 目から見た電源工事の効果


 雑誌記事紹介には小原由夫先生、田中伊佐資先生、村井裕哉先生の電源に関する記事があります
 http://www.allion.jp/press/topics.cgi?page=10     http://www.allion.jp/press/topics.cgi?page=0

オーディオ評論家 村井裕弥 様

  オーディオ専用電源工事。名前だけは、ずっと以前から意識していた。しかし、実際自分ちでやろうなんて、考えたことも無かった。
4年ほど前までは賃貸暮らしだったから、壁にクギ1本打つのも冷や冷やものだったし、まして、分電盤周りをいじってもらうだなんて、そんな。
だから、「電柱から直で200ボルト引いたぞ~」なんていう寺島靖国さんの文章なんか、指くわえて読んでた。
 しかし、そんな電源工事が(熟練電気工事士の手にかかると)簡単にできる! それに何も電柱ダイレクトだけが音質改善法のすべてでは
無い。そんな、今となっては当たり前のことを教えてくれたのが出水電器・島元社長だ。

  わが家の工事第1段階は、ごくごくフツーの分電盤、1番上流の子ブレーカーから5.5スケを引張り、それの先にフルテックのインレット・
プラグを取り付けるという、当時としてはけっこう過激なもの。それまで「いいとこのお嬢さん」していたわが家の音が、一気に「スポーツ万能」
「血液サラサラ」サウンドになった。
  しかし、それはこの春行われた第2段階の序章に過ぎなかった。メインブレーカーの直後から14スケで引っ張り、アンプ等のごく近くに専用
分電盤を取り付けて、8スケの専用回路(やはり5 .5スケと8スケは格段に違うのだ!)
  おかげで、わが家の590万円スピーカーは、普及価格帯のアンプでもガンガン鳴るようになった! ただ、あまりにも環境が良くなり過ぎて、
どんなスピーカー、どんなアンプを持って来ても、良く鳴ってしまうのが唯一の悩みか???


 スタジオでの電源工事  キーボード奏者 近藤達郎 様 

 
  情報量が多い中にも、刺激的な部分が 減り,トランジェントのよさという点では、まちがいなく我がスタジオ史上最高です。
 また録音作業時の小音量でも細部まで再現してくれて、素晴らしくいい音が録れ、96kHz/24bitと相まって、とても ナチュラルで美しい音が
 しています。 (BGM向きではありません。あまりに耳が引きつけられてしまって)
  細部がきっちり再生されている点では以前は注意をひかれなかった演奏直前のノイズとか、Y氏の(またはギターのT氏の?)鼻息まで俄然
 よく聴こえたりしています。
  個々の音が空間の中ですっきりと立ち上がり、間をぼかす要素がとても減りました。強調感のないエネルギー感を伴った実在感は以前と
 比べ物になりません。
  アンプも以前は200V→100Vのトランスからとっていたのですが100V直接に変えました。やはり余計な物が通っていない方が、ストレートで
 しっかりした音が するようです。トランスは117V機器専用になりそうです。
  今回はまずほかの方法では得られない改善が得られました。しかもこの部屋で使う限り、どんな機材にも好影響が期待できるのですから
 とても嬉しい事です。


※近藤達郎氏はTVのCM【リゲイン】の作曲や【小泉今日子】の曲でキーボード演奏などされています。





    AV REVIEW 03年4月号 (P140)

   [プロが選ぶ、ホームシアターの画質、音質向上アクセサリー50選]     

  10人のプロが選ぶアクセサリー[撰・長岡英明氏]で第一位に出水電器の電源工事が推薦されました。

  電源の大切さを再認識させられる. すべては根本から見直したい

  中略

  たとえマンションなど悪い電源環境であっても理想の電源環境に近づけてくれる。
 筆者宅でも機器の買い替え以上の驚異的な効果を発揮し、結果、他のアクセサリーの能力も高めることが出来た。
  奥行き感、繊細なニュアンス、量感を持ちつつもキレのある低音。
  音だけではない。映像も黒がグッと引き締まり、色も更に濃厚な発色を放ちはじめ、何とも美味しい芳醇な映像がでてきたのだ。
 画、音をジックリと視聴する楽しみを再認識させてくれる。


                                           [本文より抜粋]


 

 ギター奏者 宮野弘紀 様 


  なじむのにゆっくりと熟成できたようです。  確実に音の芯が出てきましたね。
 本当にしなやかにスイートという感じであります。透明度も増しました。ヴォーカルはしっとりと 色気も増しました。マーチンローガン
 いい音で鳴ってますよ。  感謝です! 
  録音は来年から始めますので、気がついたらまたメールします。

 ---------------------------------------

  アルバムの録音1月やっと終わりました 、最後に録音したネイチャーボーイは(ナットキングコール)新電源です。音が太く なめらかに
 なったようです、信頼感が増しました。
  現在はミックスの作業中で、ディレイやリバーブなど、電源が増えたぶん大助かりであります。
 ベストのタイミングで島本さんにお世話になりました。今までどうりだったらセコイ電気で心もとなかったです。
 いろいろと皆に言っているのですが、なかなか足回りに意識がいく人少ないです。
 2月完成したらお店のシステムも聴きたいですしCDRに焼いて伺いたく思っております。 

 ※ 宮野弘紀氏は【綾戸智絵】のコンサートでもギター奏者として活躍されています。





一戸建て電柱からの引き込み線張り替えを含む電源工事

期待を上回る変化。他に代え難い買い物でした。(横山清和 様) 03/08/11


 屋内配線、屋外幹線工事ともに終了、とにかく目から鱗ならぬ耳から鱗の驚きの変化です。
低域がどうの高域がどうのということでは表現できません。
部屋そのものが自然で透明な音場になって、そこに生さながらの力感と艶のある音がスッと立ち上がる・・・聞き慣れたCDを次々に
入れ代えてその度にまたオオッ!とかウン!!とかつぶやきながら一人ニコニコです。
 
 機械やコードをとっかえひっかえの長年の試行錯誤は何だったのか・・・いややっと報われたというべきか。
これから先長くオーディオと音楽を共にしたいと思っている私にとって他に代え難い買い物をさせていただきました。
改めて、ありがとうございました。

*当日の手抜きのない誠実な職人芸、接していて気持ちが良かったです。
*「3ヶ月たつ頃にはさらにぐんと良くなります」という島元さんの言葉、想像がつきません。



 専用電源工事やって良かった。(猿田 様) 03/08/02

 どうも、御無沙汰してます。7月6日に専用電源工事をやってもらってから早一ヶ月が経とうとしてます。工事前〔壁コンセント〕と後〔専用電源〕
ではプロジェクター〔VPH-1292QJ〕の画が別物のようで、黒がしまるんです。
黒がしまることで奥行き間がでて映像がより立体的に見えるように
なりました。
後は、東電の幹線工事が行われるのを待つのみ。これでプロジェクター
の画もまたまたワンランクアップされることでしょう。今は、工事をやって
よかったという思いと電源の大切さを工事してみて改めてわかりました。今後も良い電源を普及させるべくがんばってください。

 03/08/10

 こんにちは。東電の電線工事と8日に検査が無事終わりました。
 張り替えてみて思ったのは、CDやDVDの音や画がより奥行き感が出て、色のりもまた良くなったようです。これから毎日が楽しみです。
 本当に良い電源工事ありがとうございます。



力強くみずみずしい音で鳴り出しました。(土屋 洋 様) 03/07/25


7月11日に電源工事をしていただいた浦安の土屋です。夜遅くまでありがとうございました。
これまでの音にもそれほど不満はなかったのですが、工事の後で音は一新しました。
いきいきと力強く、余裕のある鳴りっぷりに変わりました。2000ccのクルマを3000ccに乗り換えたような感じです。友人からは「音が前に
出てきた」と言われました。
従来の電源では、機器のもつパワーを十分に発揮させていなかったことに気付きました。ありがとうございました。
とりあえず報告まで。





[マンションでも、ここまで変わる電源工事]

都内  T様


 専用電源工事、ありがとうございました。

 やはりマンションですから、構造的なことは覗いてみないとわからないわけで、ほぼ予定どおりの時間で仕上がったことは、皆さんの頑張りの
おかげです。

 さて、土曜日にレコードラックを動かして、掃除をして電源をつなぎました。夕方5時ごろ、ちょうどCDをかけはじめたとき、妻が帰って
きました。普段だとかならず「ちょっと音を小さくしてください。」ときっぱりと言われる音量でしたが、その言葉は出てきません。

 いろいろ取っ換え引っ換え、いろんなCDを聴きました。妻の顔色を伺いつつ、調に乗って「ローリング・ストーンズ」まで再生してみましたが、
セーフでした。

 傍で遊んでいる息子も、なにも言わずに淡々としています。あきらかに出てくる音の純度が違うのですね。ためしにキッチンの妻のそばに
立つと、今までは音の塊が聞こえていたのが、リスニングポジションと変わらない「音楽」が聞こえています。

 再生中のスピーカーに耳を近づけても、今までのようにざらついた音でなく、とてもクリアな音が聞こえます。音量を上げてもうるさい音は
少しも出てきません。また深夜小音量でも、密度の高い再生をします。

 マルチのチャンネルディバイダの微調整が必要になりました。今日、日曜日にかなり追い込みましたが、ケーブルのエージングとともに、まだ
少し調整が必要かも知れません。

 オーディオの趣味をはじめて35年にもなりますが、今初めて、出したかった音をきっと出すことができるという、確信を持つことができました。
何の妥協もなく、頭でイコライズすることもなく、音楽にひたすら感動できる環境。

 工事したときには、武骨にも見えた極太のうねる黒いケーブルの束が、今は頬擦りしたいくらい素敵に見えます。

 所持している膨大なレコードが、みな新品のようになって嬉しい悲鳴です。



  

 町田市 K 様

本当い今回の工事は島元さん、中村さんとも持てる力を100%出し切って施工していただきました。

ボクのコダワリ以上の施工内容と結果をもたらして頂いた と幸せ一杯です。

 全くもって、A&Vマニアとしては「果報者」です! 効果は絶大です。機器まで全くストレスフリーな電源を送れている中で、あの特注端子は
重要なポイントです。

 日誌でも書きましたが、もう掛け値無しでオススメできます。

 あとはコンポーネント間のインターコネクトさえしっかりしたモノにすれば、BESTな環境作りへの 超最短距離となるわけです!
 島元さん、中村さん、 本当に心から感謝申し上げます!

 

 都内  きたぐち様


  当方マンション&マスオさん状態で出来る処置は限られていたのですが、もののみごとに音が変わりました!

  凄く音数が増え、奥行きが出、低域がずぅ~~~~~~んと下に延びました。SPがとんでもなく軽やかです。

  
やはり8スケマジック恐るべし!!
  変えた直後でこれなので、エージング進んだらどうなることやら・・・・


  はぁ~自分で頼んでおいて、罪なことを・・・・とんでもない情報量の増加です。 CD聞くのが楽しくて寝れないじゃないかぁ~~~~(爆)




        専用回路工事

仙台市 こにし様 


 なんといっても、当地(仙台)まではるばるお越しいただき、電源工事をしていただきましたこと、心より御礼申し上げます。この電源工事は
私の本年度の(いえ、いままでのすべての経験における)
オーディオ関連の出来事の中で文句なく【No.1】と断言させていただきます。
どうもありがとうございました。

  春日部 K様


  こんにちは。FASTフアンの皆様、初めまして春日部のKと申します。
 先日は、島元さんオーディオ専用電源工事とT1-Xの納入ありがとうございました。
  あれから9日がたちました。エージング約200時間が経過しました。
 私の所のNS1000Mも、18年の眠りから眼をさましたごとく、勢い良く鳴り響いております。
 9日間毎日約7時間から10時間CDのソフトを、次から次えと、聴きまくっております。
 音楽を聴いていると、なんとなく音楽に引き込まれるような、吸い込まれるような気になってしまいます。
 オーディオ専用電源と、T1-Xの、相乗効果だと思われますが、ただただ驚きと喜びの乱舞ですよ。



  札幌市郊外 K様


  今日、電源工事をやらかした。師匠お薦めの
ブレーカからCV8を引き回し、壁コンも使い、FASTのケツにぶち込んだ。タンマ、なんで?、
why?、青天の霹靂、耳按配が変?

 感動のあまり、カキコ(好きでない言葉)までこいてしまった。
 師匠、感動多謝!! 謝謝!



  浜松市 I 様


  発売元の出水電器の島元社長自らが専用電源の工事と搬入(C10II、M300II)をしていただきました。

  で、音ですが、
 すごく自然です。ピアノやベースの響き、シンバルの音色などパワーが感じられ、CDにこんなに情報が入っていたのかと驚きました。また、
 ボリュウムをあげていってもうるさく感じられません。

 音の立ち上がりはすごく早く、パーカションの様は、本物のようです。

  システムが3ランクアップくらいの感じです。

  以前、マークレビンソンとジェフローランドのプリメインを自宅試聴したことがありましたが、雲泥の差です。
 合計金額は、FASTの方が安いのですが、音の良さは比べものになりません。
 極めて、FASTのアンプはCPが高いと思います。

  購入した日に友人と試聴会をしました。
 その友人曰く、
 「まったく持って、楽器の音色が自然。」
 「これ、いいなあ、いいなあ。まるで目の前で演奏しているみたい。」
 ということで、ございました。

  1週間ほどたって、音がさらに瑞々しくなっています。




   kantela 様  (出水電器特製電源タップの感想)


  送って頂いた出水電器特製電源タップ、遅くなりましたが報告したいと思います。
 実物を見て、ぶっといケーブルにまずたまげました。曲がらない!
 と思うくらいしっかりしたケーブル。
 見ただけで「業務用か?」とおもうくらいで、もう絶対イイ!と思いました。

  我が家では直接3Pプラグが刺さらず、壁コン増設を必要としており、そのためには
 部屋の大規模な棚や家具の移動が必要で、実はこれがまだ手こずっていて、工事してないんです。
 一週間ぐらいただ見て、眺めていましたが(^^)、
 とりあえずの音出しのために、「接地15Aアダプタ」を買ってきて繋ぎました。
 ところが年代物2Pコンセントがヤワで、ケーブルの重さに堪えられず(^^;;、何とか固定させ、やっと試聴。

   もう、すごいイイですこのタップ。
 上記のような雑な環境にもかかわらず(その上スピーカーも適当なセッティング)、
 
一聴、音の逞しさ、熱さに感動。
 スピーカー間近で聴いた時は音が「襲ってくる」感じがしたほど。
 でも落ち着いて鳴らし続け、聴いていると、何となく「静けさ」があるんですね。なのに、音楽のおいしいところが、アツい。
 音の密度が格段に上がり、温度感も上がってホットに。
 演奏者、アーティストの温もりが感じられる。
 オーケストラ、ボーカル、ギターなどどれもゾクゾクしました。
 まだまだありますが言葉足らずでうまく表現出来ません・・・


  ちゃんと壁コンセント交換工事して、落ち着いて聴きたいです。



  三谷 様  (出水電器特製電源タップの感想)


  お借りしていた、オーディオ用テーブルタップ早速繋ぎ変えて、聴いてみました。

  今現在使用しているテーブルタップと比べて、高音と低音部が少し伸びていないようですが、大変ひどいセッティング状態で(固すぎて
言うこと聞いてくれないため空中で繋がっている)聴いていのことです。
 音の出方は、余裕のある出方で、軽く出ているように感じます。

  これは、今
使っているタップの、対策無しの時と比べたら比較にならないくらい良い音がしています。
 このことは、対策すると、すごいことになるなと予感させます。

 と言うことで購入することに決めました。
 それにしても、固いケーブルですね。
 セッティングめちゃ大変そう。

 ※ 三谷様は試聴の後すぐに購入されました。
   (出水電器特製電源タップについては製品紹介をご覧下さい。)

  マンションでも工事可能ですか?

   専用回路及び専用分電盤を含む工事が可能です。


専用トランス設置工事はどこでもできますか?

一戸建てで、電柱を立てられる事以外にも技術的なことを含めさまざまな条件があります。
(1) 一番近い電柱に高圧(6600V)が来ている事。
(2) ご近所の敷地上空を通らずに直接配線できること。
(3) 建物から一定の距離を確保できること。
(4) 隣接の家からクレームがこないこと、等々。
(5) 以上の条件をふまえ、電力会社の立会い検分でOKが得られること。
(6) キューピクルが設置されている場合、新たにトランスを設置できる余裕とスペースがあれば可能

  

▲  ページのトップへ