Allion  
トップページ ΛLliONの紹介 製品案内 電源工事 販売代理店 会社概要 お問い合せ

電源工事掲示板

掲示板トップ HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ
ツリー一括表示

Nomal 伊豆の試聴室での追加アース工事。 /島元 (08/11/19(Wed) 10:55) #937 IMG_1167.JPG/39KB
Nomal 西蒲田事務所での追加アース工事。 /島元 (08/11/19(Wed) 11:06) #939 1227060381.jpg/52KB
Nomal 伊豆の試聴室での追加アース工事。(2回目) /島元 (08/12/08(Mon) 15:06) #946 1228716398.jpg/77KB
  └Nomal 伊豆の試聴室での追加アース工事。(3回目) /島元 (09/01/14(Wed) 17:45) #970 1231922713.jpg/41KB


親記事 / ▼[ 939 ] ▼[ 946 ]
■937 / 親階層)  伊豆の試聴室での追加アース工事。
□投稿者/ 島元 7回-(2008/11/19(Wed) 10:55:44)
    先日試聴して頂いた、北海道のマニアが1.4Ω(1.5Mアース棒61本使用)を獲得されたと伺い
    私も俄然意欲が湧き再度チャレンジしました。

    第一回の追加工事は1.5M3本連結(4.5M)を5ヶ所打ち込み、追加15本、既存8本の23本で
    得られた抵抗値は10Ωでした。(以前は20Ω)

    アース工事での音の変化はS/N比向上による静寂感、奥行き感等によって音の品位が向上します。

    伊豆の試聴室でのアース工事は継続して報告します。
    どこまで行けるかお楽しみです。
426×568 => 187×250

IMG_1167.JPG
/39KB
[ □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 937 ] / 返信無し
■939 / 1階層)  西蒲田事務所での追加アース工事。
□投稿者/ 島元 9回-(2008/11/19(Wed) 11:06:21)
    2008/12/08(Mon) 15:08:14 編集(管理者)

    今回、1.5Mのアース棒を10本追加(合計17本)し、アースをさらに強化しました。
    西蒲田は”蓮沼”と言う地名からも解りますが、もともと沼地でアースは非常に良い値が出る地域です。


    当初、簡易測定機では”0Ω”の測定不能、つまり1Ω以下でした。
    そこで知り合いの測定器で測定しました。(通常のアース測定器は地形の関係で正確な測定が不可)


    測定値は1.5Ω以下だと思います。(測定レンジは10Ω)

    写真をクリックすると拡大されます。


568×426 => 250×187

1227060381.jpg
/52KB
[ 親 937 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 937 ] / ▼[ 970 ]
■946 / 1階層)  伊豆の試聴室での追加アース工事。(2回目)
□投稿者/ 島元 14回-(2008/12/08(Mon) 15:06:38)
    2009/01/14(Wed) 17:24:18 編集(管理者)

    12月5日に再度、追加のアース工事をしました。

    今回は1.5Mアース棒10本追加です。(1.5M*2を3、1.5M*1を4)
    実験では1本より2本のほうが効果がありました。

    気になる測定結果ですが、8.5Ω(写真右)となりました。
    ただし、前回と同じ10Ωレンジでは7Ω弱(写真左)となりましたので、改善率は約30%となります。
    (写真をクリックすると拡大されます)


    ここ数年の実験結果から推測される事。

    (1)既存の倍の本数を追加すれば約50%の改善。
    (2)既存の2分の1の本数追加では15〜20%の改善。

    ただし、抵抗値が10Ωを切ってからの改善はかなり大変です。
    また、電気業界では”アースは化け物”と言われるとおり、奥が深いです。

    機会を見て、またチャレンジの予定です。

    (写真をクリックすると拡大されます)
852×568 => 250×166

1228716398.jpg
/77KB
[ 親 937 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 946 ] / 返信無し
■970 / 2階層)  伊豆の試聴室での追加アース工事。(3回目)
□投稿者/ 島元 21回-(2009/01/14(Wed) 17:45:13)
    今日、実験をかねた3回目のアース追加工事をしました。

    前回までに1.5Mの連結アース棒を33本打ち込んでありますので、きりの良い50本にしようと思い、17本追加。

    連結、2本*3+3本、合計 9本で25Ω
    連結、2本*4、    合計 8本で33Ω
    この連結        合計17本で17Ω

    既存33本+17本、 合計50本で 7.2Ω


    今回の追加工事に、前回の仮説、既存の2倍の本数で接地抵抗は半分になるをあてはめて計算してみました。

    9本に対し、もし18本追加すれば約12.5Ωになると思われるが、8本追加(18本の0.45)なので、12.5*0.45で5.6Ωとなる。

    (25÷2)*{8÷(9*2)}=5.6(改善予測Ω数)

    追加分の9本、25Ωから改善予定の5.6Ωを引くと19.4Ωまで改善が予測された。

    25−5.6=19.4
    (実際の測定値は17Ω:誤差−12.4%)


    トータルでの計算は次の通りとなります。
    既存33本、8.5Ωに対し、66本追加すれば約4.25Ωになると思われるが、今回17本の追加なので(33本の0.26)なので、4.25*0.26で1.09Ωとなる。

    (8.5÷2)*{17÷(33*2)}=1.09(改善予測Ω数)

    追加の17本で、8.5Ωから1.09Ωが改善され7.41Ωが予測された。

    8.5−1.09=7.41
    (実際の測定値は7.2Ω:誤差−2.8%)


    以上、多少の誤差は有るものの、半分の測定値を目指すためには、既存の倍、アース棒を打ち込まなければならないようです。

    また、コストパフォーマンスで考えれば、30本くらいが限度と考えられます。

    (写真をクリックすると拡大されます)
426×568 => 187×250

1231922713.jpg
/41KB
[ 親 937 / □ Tree ] 返信 削除キー/


Mode/  Pass/

掲示板トップ HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ